ひとくちに「加圧式レギンス」や「着圧式レギンス」といっても、商品によってそのレギンスの効果を最大限に発揮させるための履き方がそれぞれあります。

加圧式レギンスは、日中履くだけでなく夜寝る時も履いたほうがいい…という商品もありますよね。

そこで、ビレッグは夜履いても良いレギンスなのかどうか調べてみました。

公式サイトをチェックしてみたところ「基本の履き方は夜履く」というもの。

つまり、ビレッグは夜寝る時用に作られているということですね。

ですから、夜寝る前に履いて就寝中に加圧によるむくみ改善や血行促進、骨盤ケアなどを期待することができます。

そして、基本は夜寝るときに履くという履き方がおすすめですが、慣れてきたら日中も履くと良いそうです。

ビレッグを履くだけで、お腹周りを引き締めることができたり、お尻を持ち上げてヒップアップさせる機能も…。

なので、スタイルよく見せたい!という人は、ジーンズの下に履いていたり…という人も少なくないようです。

しばらくは脱いだら元通りになってしまう体型補正効果だけかもしれませんが、リンパや血液の流れを良くし、むくみを改善する作用が期待できるので、履き続けることによって脚痩せ効果、お腹周りのシェイプアップ効果などが期待できます。

また、運動時に履くのもおすすめ。

ビレッグは加圧による代謝アップ効果が期待できるレギンスなので、何もつけずに、あるいは普通のスポーツタイツなどを履いて運動をするよりも、代謝を高める効果が期待できます。

代謝が上がれば消費カロリーが増えるので、ダイエットがより効率的になります。

このようにビレッグは夜履く用の加圧式レギンスですが、日中もどんどん履いてOKです。

ただ、24時間履きっぱなしというような履き方だとよくありません。

適度に着脱を繰り返し、清潔なものに履き替えるようにしてくださいね。